リペアジェル研究室では、美容ドクターの全面監修の下、
リペアジェルのシワやシミへの効果に関する研究成果を、
客観的なエビデンスに基づいてわかりやすく解説しています。

シワができる本当の理由と、
正しいお手入れ方法は?

Q.シワの原因って何?

A.シワは弾力の低下と乾燥の2つが原因です。

肌は真皮層にあるコラーゲンなどに支えられ、弾力を保っていますが、加齢や紫外線で切断されたり、生産量が減ることでシワになります。また、バリア機能が低下し水分量が少なくなることで肌がカサツキ、乾燥小じわも目立つようになります。改善のためには、コラーゲンの生成と肌内部の保湿が重要です。
Q.シワの原因って何?

A.シワは弾力の低下と乾燥の2つが原因です。

肌は真皮層にあるコラーゲンなどに支えられ、弾力を保っていますが、加齢や紫外線で切断されたり、生産量が減ることでシワになります。また、バリア機能が低下し水分量が少なくなることで肌がカサツキ、乾燥小じわも目立つようになります。改善のためには、コラーゲンの生成と肌内部の保湿が重要です。
Q.表情ジワも年齢が影響しているの?

A.弾力の低下によるもので、年齢が関係しています。

若い時は肌に弾力があり、笑っても表情を戻せばシワになることはありません。これも真皮のコラーゲンが関係しています。コラーゲンは50代になるとピークの半分の量になると言われ、弾力の低下により、“肌の折りたたみ跡=表情線”が残ります。眉をひそめたり、目を細めるなど表情の癖を見直すとともに、コラーゲンの生成を意識したお手入れが必要です。
Q.表情ジワも年齢が影響しているの?

A.弾力の低下によるもので、年齢が関係しています。

若い時は肌に弾力があり、笑っても表情を戻せばシワになることはありません。これも真皮のコラーゲンが関係しています。コラーゲンは50代になるとピークの半分の量になると言われ、弾力の低下により、“肌の折りたたみ跡=表情線”が残ります。眉をひそめたり、目を細めるなど表情の癖を見直すとともに、コラーゲンの生成を意識したお手入れが必要です。
Q.コラーゲンを作るにはどうすればいいの?

A.活性力の高いビタミンCが必要です。

肌にコラーゲンを付けても、バリア機能に阻まれて浸透できません。肌の内部で「コラーゲンを作る」お手入れが必要です。このコラーゲンですが、実は三重らせんで構成され、繊維状で存在しています。三重らせんや線維状を作るためには、活性力の高いビタミンCが不可欠です。
Q.コラーゲンを作るにはどうすればいいの?

A.活性力の高いビタミンCが必要です。

肌にコラーゲンを付けても、バリア機能に阻まれて浸透できません。肌の内部で「コラーゲンを作る」お手入れが必要です。このコラーゲンですが、実は三重らせんで構成され、繊維状で存在しています。三重らせんや線維状を作るためには、活性力の高いビタミンCが不可欠です。
リペアジェルに配合されている 「ビタミンC生命体®」と 「コメ発酵生命体®」は、肌の弾力低下や乾燥から守り、シワを予防します。
リペアジェルは乾燥から肌を守り、肌の弾力低下やシワを改善します。
シワの2大原因となるコラーゲンの減少と乾燥。ともに、加齢や紫外線、生活環境やストレスなど複数の要因から生まれ、一度刻まれたシワは改善が難しいとされてきました。 しかし、近年では先端技術を駆使した新しい美容成分が開発され、シワに対しての効果が認められる事例が出てきています。その中で私が高く評しているのは成分が「ビタミンC生命体®」と 「コメ発酵生命体®」になります。細胞レベルでコラーゲンを産生する働き、そして保湿に留まらず肌のバリア機能に働く効果。この2つの成分を配合したリペアジェルは、老けて見える目元の小じわ改善が実証されていますので、積極的な使用が望まれます。
リペアジェルによるシワの改善効果
【試験内容】
35歳以上から59歳以下の(平均年齢45.5歳)健康な女性15名に、1日2回毎日朝晩試験品(リペアジェル)を使用してもらい、目尻のシワの変化を塗布前と塗布4週間後で研究員が写真を目視で比較した。

【9段階評価で実施】 ●試験品塗布前のキメの状態:0点 ●4週塗布後のツヤが著しく改善した状態:ー4 ●改善した状態:-3点 ●多少改善した状態:-2点 ●少し改善した状態:-1点 ●ツヤが著しく悪化した状態:4点 ●悪化した状態:3点 ●多少悪化した状態:2点 ●少し悪化した状態:1点

【結果】
リペアジェル塗布群と試験品無塗布群と比較すると、リペアジェル塗布群の方は有意に減少(改善)しており、試験品無塗布群は改善は認められなかった。
結果
リペアジェルの塗布により、シワや法令線が改善 ■被験者様データ ご年齢:40歳 お名前:岩谷亜由美様
試験前、ほうれい線や、おでこ・目尻に小ジワがありましたが、使用30日後に目立たなくなっていることが確認できます。また、細かくあったシミも改善され、顔全体が明るく変化していることもわかります。植物の生命力を活用したビタミンC生命体®やコメ発酵生命体®が、年齢により刻まれたシワを改善することが実証された一例です。特に皮膚がもともと薄く年齢の出やすい目尻、口元を集中的にケアしましょう。
PICK UP
「おでこと目尻の小ジワ」 おでこにあった小ジワが目立たなくなっています。リペアジェルの主成分ビタミンC生命体®を肌に浸透させることで、潤いキープさせ乾燥で目立っていた小ジワを改善させます。
「おでこと目尻の小ジワ」が改善された結果を踏まえて
シワを改善するために必要なコラーゲン。しかし、重要なのはコラーゲンそのものだけではなく「ビタミンC」であることを知っておきましょう。コラーゲンとビタミンCは密接な関係があり、コラーゲンの構築に必要不可欠であるといわれています。また、紫外線によるダメージ対策や保湿因子を正常に保つ役割もあるといわれているので、シワのケアには欠かせません。特におすすめなのは、化学的な加工を加えることなく植物の生命力を活用した「ビタミンC生命体®」です。ビタミンCの美容効果を最大限発揮できるように開発された活性力の高さが魅力!また、コラーゲン産生効果が高いといわれている「コメ発酵生命体®」も注目です。
▼ 以上の研究結果により、
「リペアジェルはシワ改善に効果的です。」
– 監修 –
日本美容外科学会正会員・日本美容外科医師会正会員
赤坂ビューティークリニック院長 青山秀和ドクター
2002年 埼玉医科大学卒業、2002年 埼玉医科大学病院、2003年 共立美容外科、 2005年ノエル銀座クリニック、2006 年 渋谷美容外科、2007年 赤坂ビューティークリニック開院。
サーマクール認定医、日本美容外科学会正会員、日本美容外科医師会正会員。
TOPへ戻る