リペアジェル研究室では、美容ドクターの全面監修の下、
リペアジェルのシワやシミへの効果に関する研究成果を、
客観的なエビデンスに基づいてわかりやすく解説しています。

なぜ、年齢を重ねるとシミができやすくなるの?

紫外線対策や、スキンケアをきちんとしていても、一度できたシミはなかなか薄くなることはありません。むしろ、年齢を重ねるごとに、頬・こめかみ・目元…とシミの場所は増えるばかり。 「あわてて美白化粧品でお手入れを始めても、実はシミの予防を目的としている処方がほとんどです。もしシミの改善を目的とした場合、「漂白成分」を含んだ化粧品を選ぶようになりますが、刺激が強いばかりか、効果が出すぎて肌が白くなりすぎた例もあります。でも安心して下さい。負担無くシミを改善する、特殊な成分が開発されています。
紫外線対策や、スキンケアをきちんとしていても、一度できたシミはなかなか薄くなることはありません。むしろ、年齢を重ねるごとに、頬・こめかみ・目元…とシミの場所は増えるばかり。 「あわてて美白化粧品でお手入れを始めても、実はシミの予防を目的としている処方がほとんどです。もしシミの改善を目的とした場合、「漂白成分」を含んだ化粧品を選ぶようになりますが、刺激が強いばかりか、効果が出すぎて肌が白くなりすぎた例もあります。でも安心して下さい。負担無くシミを改善する、特殊な成分が開発されています。
リペアジェルに配合されている 「ビタミンC生命体®」は、 シミの原因となるメラニン色素を抑える働きをします。
シミにはタイプがあり、それぞれにお手入れ方法が違ってきます。老人性色素斑・雀卵斑(じゃくらんはん)・炎症後色素沈着・肝斑という4つに分類されており、一般的なシミは数ミリ~数十ミリで茶色の「老人性色素班」に含まれます。メラニンの過剰生成や色素沈着が原因となり、これまでに多くの美白剤が開発されてきましたが、負担無く、高い有効性が期待できるのはビタミンCになります。そのビタミンCを特殊な加工により安定化し、「メラニン生成抑制・還元」「チロシナーゼ活性阻害」を行うのがリペアジェルに配合されているビタミンC生命体®になります。
リペアジェルによるシミの改善効果
【試験内容】
20歳~50歳以下の健康な男女17名に、リペアジェルのメラニン排斥効果を検証するために、上腕内側を被験部位とした紫外線照射試験を行った。 毎日朝晩、試験品(リペアジェル)を照射部位に塗布させた。

【評価基準】 左上腕内側部に1cm角の大きさの穴を6個開けた黒色シートを貼り、紫外線(UV-B派)を照射。 照射1,2,3,4週後に照射部位の肌色を計測し、肌色の経時比較で評価した。

【結果】
照射部位の明るさが照射1週間後と比べて照射2週間後に増えてから照射3週間後に減少し、照射4週間後に増加した。照射2週間後は有意に増加し、照射4週間後でも有意に増加したことから、照射3週間後にメラニン量が増えて黒さが安定した後に、照射4週間後に試験品(リペアジェル)の効果によりメラニンの排斥があったと推察された。
結果
リペアジェルの塗布により、シミが改善 ■被験者様データ ご年齢:49歳 お名前:門倉長江様
試験前、左頬に目立っていたシミが、使用30日後に薄くなっていることが確認できます。また、顔全体のトーンも明るくなり、くすみも改善されていることがわかります。リペアジェルに配合されているビタミンC生命体®には、シミの元になるチロシナーゼという酵素の働きを抑えブロックし、新しいシミができるのも防ぐことにも期待できます。
PICK UP
「頰のシミ」 中央のシミのまわりにも、細かなシミが多数見受けられましたが、全体的に薄くなり、肌のトーンも明るくキメが細かいことが確認できます。
「頰のシミ」が改善された結果を踏まえて
シミの改善には、化粧品による日々のお手入れが重要です。近年、多種多様な美白成分が開発されていますが、シミが出来るメカニズムと安全性を考えると、ビタミンCの日常的な塗布は必須です。ビタミンCはメラニン色素の生成予防、酸化還元による黒色メラニンの白色化、乱れたターンオーバーの改善など、シミに対して多機能な作用で効果を発揮します。この作用により、くすみや肝斑、そばかすやニキビ跡にも有効です。ビタミンCの中で、特におすすめなのは植物の生命力を活用した活性力の高い「ビタミンC生命体®」です。浸透性も高いことから、シミ等の原因に直接働くことも大きな魅力です。
▼ 以上の研究結果により、
「リペアジェルはシミ予防に効果的です。」
– 監修 –
日本美容外科学会正会員・日本美容外科医師会正会員
赤坂ビューティークリニック院長 青山秀和ドクター
2002年 埼玉医科大学卒業、2002年 埼玉医科大学病院、2003年 共立美容外科、 2005年ノエル銀座クリニック、2006 年 渋谷美容外科、2007年 赤坂ビューティークリニック開院。 サーマクール認定医、日本美容外科学会正会員、日本美容外科医師会正会員。
TOPへ戻る