リペアジェル研究室では、美容ドクターの全面監修の下、
リペアジェルのシワやシミへの効果に関する研究成果を、
客観的なエビデンスに基づいてわかりやすく解説しています。

年齢により肌が乾燥する理由と、
正しいお手入れ方法は?

Q.なぜ、年齢を重ねると肌が乾燥するの?

A.水分を保持する機能が低下してしまいます。

私たちの肌は、わずか0.02mmのバリア機能により、水分を保ちながら、紫外線や刺激物質から守られています。このバリア機能が加齢で低下すると、水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥します。また、乾燥により未熟な細胞が作られやすくなり、ますます乾燥する悪循環を生み出します。
Q.なぜ、年齢を重ねると肌が乾燥するの?

A.水分を保持する機能が低下してしまいます。

私たちの肌は、わずか0.02mmのバリア機能により、水分を保ちながら、紫外線や刺激物質から守られています。このバリア機能が加齢で低下すると、水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥します。また、乾燥により未熟な細胞が作られやすくなり、ますます乾燥する悪循環を生み出します。
Q.年齢以外にも、肌が乾燥する原因はありますか?

A.季節や生活環境、ビタミン不足も乾燥の原因です。

年齢によるバリア機能低下の他に、湿度が低下する季節要因も影響します。また、紫外線の影響やストレス、睡眠不足、ビタミンの不足も乾燥の原因になります。ビタミンに関しては、生のビタミンCを積極的に取り入れることでコラーゲンを生成することが重要です。コラーゲンが減ることで、真皮の保水力が低下します。
Q.年齢以外にも、肌が乾燥する原因はありますか?

A.季節や生活環境、ビタミン不足も乾燥の原因です。

年齢によるバリア機能低下の他に、湿度が低下する季節要因も影響します。また、紫外線の影響やストレス、睡眠不足、ビタミンの不足も乾燥の原因になります。ビタミンに関しては、生のビタミンCを積極的に取り入れることでコラーゲンを生成することが重要です。コラーゲンが減ることで、真皮の保水力が低下します。
Q.肌の乾燥は、シワの原因になりますか?

A.シワはもちろん、多くのトラブルを引き起こします。

シワだけでなく、シミ・くすみ、コラーゲンの減少につながります。例えば肌が乾燥することでバリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなります。これにより、シミやくすみが生まれます。また、乾燥により肌が炎症を起こしやすく、コラーゲンが劣化し減少しますので、生ビタミンCによるお手入れが効果的です。
Q.肌の乾燥は、シワの原因になりますか?

A.シワはもちろん、多くのトラブルを引き起こします。

シワだけでなく、シミ・くすみ、コラーゲンの減少につながります。例えば肌が乾燥することでバリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなります。これにより、シミやくすみが生まれます。また、乾燥により肌が炎症を起こしやすく、コラーゲンが劣化し減少しますので、生ビタミンCによるお手入れが効果的です。
リペアジェルに配合されている 「ビタミンC生命体®」と 「コメ発酵生命体®」は、バリア機能を高め、肌本来の美しさに導きます。
バリア機能が崩れると、慢性的に乾燥が続く肌質になります。何とか改善したいとお手入れを施す時に間違いやすいのが、「水分」を与えて乾燥を防ぐ方法です。特に美容成分が少ない、さらっとしたタイプの化粧水は時間の経過とともに水分が蒸発してしまいます。 蒸発する際には肌内部の水分も肌の外に逃げてしまうことがあり、知らない間に乾燥が悪化している場合もあります。一時しのぎの水分補給ではなく、バリア機能の元となる成分を積極的に与えることを優先して下さい。そのために有効なのが「ビタミンC生命体®」と「コメ発酵生命体®」です。バリア機能の修復に働きかけながら、肌内部で水分を保持する保水力を高めることで、乾燥肌の根本的なケアに結び付きます。
リペアジェルによるバリア機能の改善効果
【試験内容】
顔の左右にシワとシミ・くすみがある35歳以上から59歳以下の健康な女性計19名に、1日2回毎日朝晩リペアジェルを4週間使用し比較した。

【評価基準】 肌状態についてのアンケートを実施し、顔全体の「シワ」「シミ」「くすみ・明るさ」「保湿」「化粧のり」について非常に悪い状態0点~非常に良い9点までの10段階で被験者自身に評価させた。

【結果】
リペアジェルによりシワ、シミ、くすみ・明るさ、保湿、化粧のりすべての項目で塗布前と比較して4週間後に有意に改善した。また、肌のバリア機能の改善も見られ、化粧崩れにも効果的であることが分かった。
結果
鼻や頬の毛穴のたるみや目の周りの乾燥が軽減 ■被験者様データ ご年齢:46歳 お名前:澁谷千秋様
試験前、鼻や頬の毛穴の開きや乾燥による目の周りの小ジワが気になりましたが、使用30日後に潤いを取り戻し顔全体にハリが出たことがわかります。肌に潤いを持たせシミ・たるみなどの肌トラブルを防ぐためにはバリア機能を高めることが重要です。活性力の高いビタミンC生命体®は人のカラダでは作ることのできないビタミンCを効率よく肌に浸透させ、年齢による肌悩みを改善していきます。
PICK UP
「乾燥によるシワや たるみ」 バリア機能低下によってできてしまったシワ・たるみなどの肌トラブルが改善されました。皮膚が乾燥することで年齢特有の悩みを深刻にしてしまうので、日頃から保湿を心がけましょう。
「乾燥によるシワやたるみ」が改善された結果を踏まえて
肌のバリア機能を高め、乾燥を防ぐために有効なのが“ビタミン”!特にビタミンCは保湿力を高めるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成してくれる線維芽細胞の活性化を促す最も大事な美容成分です。私たちは、ビタミンを体内で生成することはできません。必要な箇所にダイレクトに届けることで、乾燥しにくい肌質に導きます。ビタミンC化粧品を選ぶ指標の一つとしては、植物の生命力を活用し、肌への浸透力がとても高いとされている「ビタミンC生命体®」がおすすめです。また、線維芽細胞の増殖に関係している「コメ発酵生命体®」も同時に与えるとより効果的です。
▼ 以上の研究結果により、
「リペアジェルは保湿・バリア機能改善に効果的です。」
– 監修 –
日本美容外科学会正会員・日本美容外科医師会正会員
赤坂ビューティークリニック院長 青山秀和ドクター
2002年 埼玉医科大学卒業、2002年 埼玉医科大学病院、2003年 共立美容外科、 2005年ノエル銀座クリニック、2006 年 渋谷美容外科、2007年 赤坂ビューティークリニック開院。 サーマクール認定医、日本美容外科学会正会員、日本美容外科医師会正会員。
TOPへ戻る